BLOG

boozerブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. blog
  4. 化粧品ECプラットフォームの「NOIN」、データマーケティング支援プラン提供開始
noin

化粧品ECプラットフォームの「NOIN」、データマーケティング支援プラン提供開始

ノイン株式会社は、2020年3月より自社が運営する化粧品ECプラットフォーム「NOIN(ノイン)」上で商品を販売する化粧品メーカーに対して、新たにデータマーケティング支援プランの提供を開始するそうです。

NOINとは?

ノイン株式会社が提供しているサービスは、主に2つあります

  1. スマホでコスメが簡単に購入できるネットショップアプリ「NOIN(ノイン)」
    送料は税込2,000円以上ご購入で全国どこでも無料。
    新作コスメ情報やコスメレビューなども発信しています。
  2. 「メイクのお悩み」や「女子のリアル」「話題のコスメレビュー」などをInstagramで配信する「NOIN.tv(ノインドットティビー)」
    女性がもっとかわいく、キレイになるためにポストやストーリーで配信しています。

新たに提供するデータマーケティング支援プラン

ノ今回新たに発表したNOINデータマーケティング支援プランでは、今までアプリで培ったデータやノウハウをもとに化粧品メーカーの商品の開発から販売までを一気通貫で支援するそうです。

ユーザーに商品が購入される要因調査をはじめ、パッケージやメッセージのABテスト(どのクリエイティブがユーザーに刺さるのか?)等の施策にも伴走することを特徴としており、これまで見える化していなかった情報をフルに活用する。

既に提供しているβ版では、大手化粧品メーカーや海外の人気ブランドを取り扱うメーカー数社で導入をして検証していて、月間1,000万円規模で本取り組んでいるそうです

導入のメリット

今回のデータ支援プランでのメリットは下記の3つになります。

1)購買データや市場傾向をリアルタイムでキャッチすることが可能
今までは定量的に分析できなかったデータを「見える化」することにより、店舗販売などオフラインをメインに販売されてきた化粧品の購買データをマーケティングに活用することが可能。

2)データやユーザー行動に基づくため、再現性のあるマーケティングを実施可能
定量的に分析ができる環境を構築できるため、人の感覚によって企画や販売する状況を改善できる。
再現性のあるマーケティングが実現可能となります。

3)データに基づいた効果的な施策の実施
プラットフォームである為、導入メーカーが増えていくに連れて、自社だけではなくより精密なデータ収集・調査・分析が可能になります。

まとめ

企画、マーケティングの領域は過去の成功体験を続けてしまいがちなところがあります。
可視化は業務改善領域で数年前からトレンドになっていますが、よりクリエイティブな領域にも導入が進んでいく傾向だと思い取り上げました。ただし、データから分析して精度が上がるに連れてどれも同じ様になってしまわない様にしていく様に打ち手を正しくチャレンジしていくことも大事かと思います。

boozerでは、総合マーケティング支援プランを提供しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事